> 何もなかった私の心に足跡をつけるだけつけて出ていった貴男。綺麗な思い出だけ残して私を置いて

カテゴリ
何もなかった私の心に足跡をつけるだけつけて出ていった貴男。

綺麗な思い出だけ残して私を置いていかないでよ。


ただ一言、ただ『ありがとう。』だけが伝えたくて、涙我慢して言ったあの日。

やっぱり泣きそうになった。

『もう行って、お願いだから振り返らないで、』って何か言おうとした貴男に被せて、貴男の背中を強く押した時、初めて貴男の背中の大きさを知った。

あの時歩いていく貴男は何を思ってたんだろう。

少し震えていたように見えたのは私の見間違い?だったかな。

貴男の後ろ姿を見ながら、私は泣く事しか出来なかった。

最後に見た貴男の後ろ姿が今でも頭から離れない。

記憶は色褪せてくのに何故かそれは色褪せてはくれない。



『時間が経てば何もかも変わるんだよ。』いつかそう言った貴男。


あの日から

いくら年をとっても
いくら街が変わっても
いくら好きなタイプが変わっても
いくら髪型が変わっても
いくら化粧が変わっても
いくら笑い方が変わっても

いくら時間が経っても
変わらないものってあるよ。

私の中に変わらないものはあるんだよ…
名前のない小瓶
9745通目の宛名のないメール
小瓶を306人が拾った  お返事0通 
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。